毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 素直なきみが好き | main | news every. [4] >>
「あい」ある日々。

てごますのあい…☆
聴きました。


期待を裏切らない、というより、
良い意味で裏切って、想像のさらに上を行ってしまった
濃ゆーーい テゴマスワールドだった!



てごますは天使みたいにかわいくって、
見てるとぽわわわわん(*´▽`)ってなって、
アイドル的目線で書くんだったら弟とか子供のような
思わずぎゅってしたくなるぬいぐるみみたいな存在なのかも知れない。


でもそれだけじゃなくて、彼らは信じられないほどにプロフェッショナルで
自分たちが何を求められているのかすごく理解しているような気がする。
ふたりの視線はたったひとつの同じところを見つめていて
だから「テゴマス」としての表現にブレや迷いがなくて
どんな曲を歌っても「しっくりこない」ということが絶対にない。


どの曲からも、テゴマスの「あい」を感じて
何度聴いても、心の深いとこまでちゃんと届いて
暖かい気持ちになります。



続きに全曲感想です。長いよ。




 

 


***



☆音色


突き抜けた明るさがあるし、テゴマスの決意表明のような歌詞も力強いけど
なんでかこの曲が 一番泣きたくなっちゃう^^;
おばちゃん最近涙腺弱くってw


てごの歌い方で好きなとこがあってね、サビの2行目なんだけど


♪かん〜じる〜ままに〜 んあっ ← ココ


特に間奏のあとの大サビの方ね!
「感じるまま」が出ちゃってるのはてごだよー!って思うの。



☆もしも、この世界から○○がなくなったら


ラジオ音源聴いた段階ではなんでこの曲がリードトラック…?
って思うくらいだったんだけど(すみません)
アルバム通して聴くとやっぱりこの曲が一番パブリック・テゴマスかなーと思った。
「らしさ」だったら一番だよね。


音色とか、ぼくらの空をリードトラックにするのもチャレンジとしてアリじゃないかなって思うけど
歌番組に出るときにホーン隊やらバンドやらを用意するのはお金がかかりすぎるのかなーとかw
余計なお世話ですかそうですか…



☆ぼくらの空


イントロのまっすーの声が YA・VA・I ><!
めちゃかっけー!
それと、サビのメロディラインが
本当に1、2、ステップな感じでかっこよいと思います。


この曲ってJ-POPのいいとこ全部詰め込みましたってくらいゴージャスよね。
爽やかでワビサビもあって、ピアノもホーンもベンチャーズも聴こえてくるw
ついったで「アニソンみたい」って書いてる人がいて
それ見て以来アニソンかw、進研ゼミか春高かって印象になりました。
テゴマス(ていうかNEWSか)はやっぱり応援歌似合うよねえ。



☆パスタ


アレンジがクリスマスソングみたい。
というかテゴマスってミソデビューがクリスマス頃だったこともあって
冬ソングがものすごくしっくりくる。



☆チーター ゴリラ オランウータン


かわゆいパンク版の筋肉少女隊ですねw
え、筋少知らない?^^;さいですか…


ここまでがっつりユニゾンで歌ってる曲ってあんまり無いので
それも新鮮でいいなーと思いました。
私は、これシングルにしてもいいと思うくらいだけど、ダメかな?^^



☆夜は星をながめておくれ


おしゃれな男・加藤成亮 Produced by K.Koyama
かと思いました。ごめんうそですw


最初、病気で余命わずかな人が奥さんに対して歌ってるみたいなそんな感じで
でもそのストーリーはひたすら辛いなーと思ってたんだけど
そうじゃなくて同じペースで一緒に歩いている大切な人に、
とってもフラットに「ぼくはここにいるよ」って伝える
そんな曲なのかなーって思ったら、すっごい好きになってしまって。


まあ一番すきなのはちゅっちゅっちゅーなんだけどw ←
その次はこれです。意外でしょ?w



☆Chu Chu Chu!


これってChu Chu Chu!に1900円出したようなもんだけど
はっきり言って高くなかった^^
そんなこと思わせるテゴマスこわい…。


ちょっとぶりっこで、演技がかった歌い方はキミ+ボク=LOVE?以来じゃないかしら。
それを思うと、「うた」は硬派なアルバムだったんですね。w
キミボクも最初は衝撃だったけどちゅっちゅっちゅに比べたらかわいいもんだと思うわ。
「こんな曲歌えるのテゴマスしかいない!」の、最強版だと思います。


 


総括ですが、にゅーすもだけど、テゴマスって音楽スタッフに恵まれているというか
愛されているんだなあって思いました。


最初の方にも書いたけど
テゴマスって自分たちがまわりから何を求められているのかを
すごくよく分かっているような気がする。
でも自分を客観的に見るのって大変だから、プロデューサーがいて
最初にテゴマスカラーを企画したり、行く方向を指差すそのひとに「あい」がなくっちゃ
きっとこんなにすばらしい作品は生まれてこないと思うのです。



…チーターゴリラといい、ちゅっちゅっちゅといい、テゴマスで遊びすぎだぞ…!


 


(笑)


もっとやってくれても、いいけどね!



 

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://delightedly.jugem.jp/trackback/981
TRACKBACK