毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ヤマナデ感想 | main | はるよこい >>
きみとすれ違うことが無いように

こやまちわ。


阪神大震災から15年だそうです。
昨日の翔くんのドラマ見ながら、
15年前のことを思い出していました。


 

あたしは高1でした。
親友が神戸に住んでいました。
中学校の時の同級生で、不思議なくらい気が合った。
一番遠いクラスだったから、休み時間はずっと廊下で喋ってた記憶がある。
その子は中3で、神戸に引っ越して行きました。


高校生になってからも、週1くらいで長電話したり、文通で連絡を取り合っていたのね。
今はメールやネットもあるけど当時はまだPCもケータイもないし、
今より神戸を、すごおおく遠い場所に感じてました。


実家では朝WSやニュースを見るという習慣がなくて、
地震のことは学校に行ってから担任から聞かされました。
関西で地震が起きて大変なことになってるらしいって。
それでもどれだけの事が起こってるのか全然実感がわいてなくて、
家に帰ってテレビを見たら本当にとんでもないことになってるんだって分かって、
やっと彼女に電話をしてみたけどもちろん繋がらなくてねー。


地震の、多分2日後くらいに、その子から電話がかかってきました。
あたしは泣いてたけど、電話の向こうでその子は笑ってた。
電話できなくてごめん、心配かけてごめんって。
地震が起きた瞬間のことと、
家族で車に乗って移動してたとき、とにかく火事がたくさん起きていて
車に乗っていても火の熱が伝わってきてすごく怖かったのーって
話してくれたことを覚えています。


ドラマの中で、翔くんがテレビの「死亡が確認された方のお名前」の中に
お友達の名前を見つけるのを見て、
自分もあの名前のリスト、泣きながら見てたなあってことを思い出しました。
あの時の、親友を亡くしたらどうしようっていう巨大な不安を
今もはっきりと覚えています。


私は大切な人を亡くさずにすんだけど
どうしようもない運命みたいなものに巻き込まれて行った人もたくさんたくさんいる。


それはもしかしたら
きっとまた、起こるかもしれないこと。


それで思うのは、
大切な人にはいつでも
あなたのことが大切だよって素直に伝えていたい というか
思いやりや誠意を持って生きることをしたいなって。


1月17日は、そういうことを改めて思い出させてくれる日だったりします。


 

スポンサーサイト
私は3歳でした。
ちょうど1歳のときに、親の仕事で転勤しました。今住んでいる所か、神戸か。
親は最初は神戸に行くつもりだったそうです。でも直前でなぜか変えたそうです。

その話を聞いたとき、すごくびっくりしました。神戸に行っていたとしても、生きていたかもしれない。でも反対だったかもしれない…
どちらかは分かりませんが、今生きていることに感謝したいです。
ゆず | 2010/01/18 18:04
1.17。
私は確か小学5、6年だったはず。
テレビに映される映像に現実味がなくて、でも時間がたつにつれ、情報が増えていって「あ、今起きてるんだ」って実感したというか。
何かしたくて、でも何もできなくて、その年にもらったお年玉を、義援金として送った記憶があります。

自分もいつ何があるかわからない。何気ない日常を送れること、大切な人がいること。そのことに感謝しながら、日々真剣に生きていきたいなぁって思います。

桜 | 2010/01/19 07:09
 私は小学校2年生だったなぁ・・・

 いとこが尼崎市に住んでいて、神戸、西宮に次ぐ悲惨な状況って事も言われてすごく心配したのを覚えてます。

 いとこは少し早めの結婚をして、3人の子供のママとして、しっかり命を繋いでいます。

 家中のお皿が全部割れて、本棚が倒れて、あの時もし何かあったら今、いとこが繋いでる命も無かったと思うと、生きているってなんて奇跡的なんだろうって思います。

 消えてしまいたいって思ったことも何度かあるけど、いつかは消えてしまうのだから、それまでは精一杯自分の生きた何かを残そうとこういう話題を思い出すたびに思うのです。
亜貴 | 2010/01/19 17:05
>ゆず
えっ、3歳!?!?!?(笑)
まず歳の差に愕然としたお!^^;
そうだね、地震に限らず、天災や事故や病気や…
いつどうなるかわからない自分を大切にしたいし、
自分の生が奇跡の上に成り立ってることも
たまには意識しないとって思うよね。
かたい記事なのにコメントありがとうね。

>桜ちゃん
コメントありがとー☆
同じ日本で起きてることなのになかなか現実と思えなかったよね。
9.11の時も同じように思ったなあ。
ドラマみたいで・・CGで作られてるって言われたら信じてしまいそう。
何気ないことへの感謝は忘れがちだし愚痴を言ってしまうこともあるけど
優しい気持ちを忘れたくないねー。

>亜貴さん
小2ッ・・・・亜貴さんも若いわあ・・(とおいめ)
いとこの方も無事でよかったですね。
地震を振り返るドキュメンタリーなんかを見ていると
1/17とか18に生まれてきた子供たちの特集なんかありますよねー
いのちって不思議。ずっと繋がっているんですもんね。
自分が何かを残すことは凄く難しいことのように思えます。
でも、それを放棄せず最後まで頑張りたいですねえ。
レス→ゆず、桜ちゃん、亜貴さん | 2010/01/20 00:18
COMMENT









Trackback URL
http://delightedly.jugem.jp/trackback/948
TRACKBACK