毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 同じ☆見てる? | main | シンプル イズ ベスト ・・? >>
ふたりのTAKA

こやまちわ。


今年の年末年始の東京ドームはキンキさんですってー?
お友達から連絡いただきました、ありがとう。


そうか・・
ちょっと期待していたので残念です。
でもキンキならなんていうか、ちょっと、ああ仕方ないのかなって思ってしまうね。
これで冬コンがないと決まったわけではないけど
年末年始なんも予定がないのは寂しいなー
ここ2年ずっと東京だったし。


良いニュースはDVD発売後、くらいかな?
期待して待っております。



今日、よおおやく「誰かが嘘をついている」見ました。
見て改めて、てごの現代劇ってすごく久しぶりなんだなーって思った。
懐かしい、を通り越して、もはや新鮮だった。笑
何気に最近疾走見たばっかりだけど、あれはあれですっかり別物だし
最近の演技といえばすっかり一太郎しか思い出せなくて。


てごの演技って、その役のキャラクターの上をてごが丁寧に歩いているような
そんなイメージがあったんだけど
今回はTAKAがちゃあんと、てごの中にいるような感じがした。
感覚をそのまま文章にしているのでわけが分からないかもですが、すみません。


印象に残ったのは
初公判の時にお父さんが手錠を外すのを
泣きそうになりながら見てる顔。
お父さんの会社の人(山本未來さん)がお父さんの荷物を届けに来たときの
不信感いーっぱいな顔。
それから、酔ったお父さんを見つけて困った顔して駆け寄るとこも、
育ちの良さや優しさ(これはてご本人が持つ雰囲気もあるかな)を感じて
こんな境遇にあるけど、本当は仲がよくていい家族なのにって
切なくなったなあ。
だからこそふたりで酔っ払って帰るとこは良かったです、
ユカも怒るんじゃなくて普通に受け入れてる表情がなんだか穏やかで。


あとこれはちょっと斜め目線な感じだけど 笑
ユカと喋るシーンは全般的に良かったな。
ノックもせずにTAKAの部屋に入るとことか
超シリアスなシーンのはずなのにmoeてしまったよね(-∀-;)
てごって姉妹がいるってイメージが全然わかなくて、
だからか、女の子と部屋でふたりという状況が妙にむずがゆくって。


しかし、痴漢冤罪って本当に扱いにくいテーマでしょうね。
ラストの「じゃあ誰がやったのよ」は痛かったしドキっとした、
これで終わりじゃないんだよって突きつけられたみたい。
本当の意味での被害者は、結局あの女子高生なんだよねって
最後に思い出させられるというかね。


美月ちゃんは今は違うTAKAとお稽古中ですね。
ドラマ見ててやっぱり、意志の強そうなお顔だなーって思った!
お兄ちゃんに甘える泣きそうな顔もかわいかったけど、
頼りない男に頼られる粋な女もとっても似合いそう♪
舞台で見れるのも、楽しみにしています。



続きは拍手レスです。
パチパチしてくださる方、いつもありがとう☆





 

 




***




【10/11 20:36】 Mさん
こやまちわ〜☆
「こやしげトークライブ」いよいよ今夜詳細発表ですが
あたしもMさんと同じく、24時間テレビで運を使い果たしている気がしてなりません^^;
でもこやしげでこうやって人前でお喋りなんて、なかなか見れないからすごく行きたいです。
歌とかダンスとか、ふたりの武器がそういうものでは無いだけに
定期的にできるものではないですしね〜。
しげ猫での成亮のひとことはとても嬉しかったです☆
まだそういう気持ち、ちゃんと持ってくれていたんだなーって。
この秋クールからは剛とエイトで30分番組を分割して使うくらい、
ジャニーズに与えられる深夜枠が厳しい状況なのはわかるんですが
NEWSにもバラエティに挑戦するチャンスが欲しいですね。
結構できるこ達だと思うんだけどなあ〜♪

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://delightedly.jugem.jp/trackback/898
TRACKBACK