毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< シーズン・けいいちろう+バトン | main | 切れてる切れてるぅ! >>
アイ・ウィル

失くした記憶の物語
失くした記憶の物語

「ナクシタキオク」原作、読みました。
ネタバレというほどにはバラシてはないけど、
いちお、読みたくないという方は注意してくださいね。





青春モノの作品はなんでもかんでも大好きなので、面白かったです。
てごが演じるウィル(ミライ)はすーっごくおいしいポジションだと思いました。
スポーツ誌では「掘北と松ケンの恋愛を描く」となっていたので
このふたりが完全に主人公なのかな?って思ってたら
原作は、中心に主人公のナオミがいて、3人の男がそのまわりにいて・・という感じなのね。
あんまりウィルの存在感が大きいので、途中で
てごの役ってウィルで合ってたっけ((--))とか疑いはじめる始末。笑
まあ、どこまで忠実に映画化するかはわからないけど
俄然、公開が楽しみになりました!


物語を読んで最初に思い出したのはハイスクールミュージカルだったりします。笑
日本も高校生くらいになると、クラスの中でマジメでおとなしいグループと
見かけが派手だったり、クラスの中心人物とそのとりまき、みたいなグループと
わかれたりするじゃないですか?
HSMでもスポーツマン(トロイ) VS オタク(ガブリエラ)、みたいな構図がわりとしっかり描かれていて、
これってアメリカのハイスクールの、どこにでもある光景なんだろうなと思ったり。
自分が属する集団と違うグループの人とたまに喋ると、
何でか、違和感感じたりね。

キオクを無くしたナオミ自身は全然覚えてはいないんだけど、
スポーツマンのエースという彼氏がいて、
でもどちらかと言ったらオタクに属するウィルとも仲がよくて、
でも、どのグループにも属さないジムス(松ケン・ユウジ)に強く惹かれる気持ちも持っている。
多分、どこかのグループに依存したりこだわったりしない、
もっとまっすぐに人とコミュニケーションのとれる女の子だったんだろうなと思う。

キオクを無くしてシンプルに身のまわりの状況を把握した時に、
かつては苦手だったであろうものを受け入れる強さを手に入れたナオミなんだけど。
同時に、周りの大切な人と作り上げた絆や情も一緒になくしてしまったせいで
損得勘定で人と関わりあってみたりとか、
失うものの大きさに気付かないまま、それを捨ててしまったりとか。

そうやって人生にもがくナオミを、ウィルはそらもう神のような優しさで支えるわけですよ!笑
本を読んでいるこちら側もナオミの過去っていうのは分からないし見えないから
ウィルの優しさが超〜染みる。
例え黒縁メガネにネルシャツのアキバくんだとしても、
萌えキャラ以外のなにものでもないです。

ナオミがその過去に少しでも近づけるように、
ふたりの思い出の曲を集めたCDを編集したりするの。さすがオタク。
選曲がこれまたマニアックでツボだったんだけど、
このへんまでは映画にはなんないかなあ。

どこまでウィル≒ミライが物語の中で幅をきかすのか、
期待して待ちたいと思います!
スポンサーサイト
Reiサンこやまちわ〜♪
「ナクシタキオク」原作読まれたんですね!
私も読みたいと思ってるのですが
まだ購入できてません・・・(>_<;)
映画公開までには絶対買って読みたいです!
Reiサンの感想読んで、ますます読みたく
なっちゃいました!結構存在感が大きいようで!
そんなおいしいポジションなのですね!?
テゴやりましたね〜!!(笑)
今からとても楽しみデス(≧▽≦)

今日はマッスー東京フレンドパーク
楽しみですねぇ♪活躍期待しちゃってマス↑↑
いつかNEWS全員で出てほしいものです♪(*^ω^*)
音心 | 2009/01/19 00:09
なるほどね。。。
監督さんがたまたま来日してた時に『マイボス』見て、イメージにあってたから手越くんを起用した!っていう意味がわかりますね〜!

いやぁ・・・楽しみだわぁ。。。
きっと、もどかしい部分とかもあったりして(!?)
見てるこっちがきゅ〜んさせられて・・・萌え萌え場面満載なんですね!(←妄想のみで語ってます!苦笑)

うわぁ・・・楽しみだわあ〜!!!

Reiさん、ありがとです!(←私、活字苦手系人間・苦笑)
あーちゃん | 2009/01/19 08:45
>音心ちゃん
こやまちわ!
原作、文庫になれば安いし軽いしもっといいんだけど^^;
通勤中に読んでたんだけど、ハードカバー重くて大変だった。笑
でも、読み始めたら面白くて止まらなくて
肩をガチガチ凝らせながら読み続けちゃった。(-∀-)
ミライほんとおいしいよ〜
脳内では完全にてごになってるから、色んな妄想が花咲いちゃって大変!
多分映画と本では受け取るものも違うと思うし、
2度moeられると思うので 笑
抵抗がなければ、音心ちゃんにも、ぜひぜひ原作読んで欲しいな。
2010年公開ってなってたから、え〜見れるまで長いって思ってたけど
なにやら今年中には公開されるみたいだね。
ミライに早く会いたいね☆

>あーちゃん
+actのオタクなミライくんを見たせいもあるけど、
原作読んでる最中のウィル像は、てごじゃなく桜小路なんとかでした。笑
監督は、まさに桜小路なんとかがほしかったんだな〜って思いました。
ほんとにね、もどかしいしきゅんきゅんしまくりですよー!
脳内変換なのでカワイイミライが自由に暴走しまくりです。笑
ただ、原作は場面転換も多いしボリュームありすぎなので、
そのまま映画になるとは考えにくいかなあと。
やっぱり映画は告知のとおり、ミライ<ユウジなんじゃないかなあ・・。
凄く読みやすい(ティーン向けの作品ぽいです)ので、
活字苦手な方でもイケると思うんですけどね。
レス@Rei→音心ちゃん、あーちゃん | 2009/01/20 21:59
COMMENT









Trackback URL
http://delightedly.jugem.jp/trackback/738
TRACKBACK