毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< こやまに恋、にゅーすに愛 | main | オレ、天使 >>
表と裏、光と影
やああーっとホカベン6話を見ましたので感想を。

灯のしたことは誰かを救ったのか?
最後の問いかけにはず・ずーんときました。

杉崎は灯の正義は自己満足でしかないって言ってたけど
最後には、あんなに頑張った灯でさえ、じぶん誰かを救えたの?って謎になっちゃってる。
今の灯は、弁護士っていう仕事に対して「やりがい」感じてるのかなあ。
実際は、武史を殺したふたりや、折本くんだってそうだしクラスメイトも救われたと思うんだ。
灯の正義のおかげで、道徳っていう観点から見れば、正しい終着点にたどりついた。
なのにしっくりこないよね。

できごとすべてに裏と表があって、
善と悪にすっぱりと決め切れない
だから法律があるのに、
法律の存在そのものが、
まるで犯罪をゲーム仕立てにしてるみたい。
ホカベン見てるとほんとそう思います。

毎回ラストがなかなかきついです。
このドラマどうやって終わるんだろう・・(--)
むしろこの流れでラストでスッキリするとは思えない 笑
まったく予想がつかないですにゃ。

思えば3話(だったよね確か)で工藤先生がクライアントのおっさんにお茶をぶっかけられてから、
あたしは片瀬と同じくすっかり工藤担なわけで・・。
6話でおやおやと思ったのは、工藤と杉崎の関係だったりするわけで。
最後、杉崎が灯のこと思ってにこっと笑うのを見て、工藤はきゅんしちゃってますね。
彼女もやっぱり人間だったのね!と思って、とってもほっこりしました。


さて恒例の今週の片瀬くんのコーナー。(なにそれ)

ツボ
3B大塚センセに「問題ありません」と言って資料を渡した後、
唾を飲み込んでいますね。かっこいいです。

ツボ
「片瀬くんは学園の信頼回復のために学園の弁護活動を続けています」
灯の尻拭いをさせられているようです。笑
灯とすれ違うときのあのイヤミな顔。かっこいいです。

ツボ
エムザのロビー(狭いけどあれは裏口かなんかですか?)で灯を待ち伏せして
自首をすすめると言った灯に「まじかよ?」って言う直前の顔。
ひどい悪人ヅラです。かっこいいです。

その後、信じてくれ、なんとかするからって言って去るとき
若干しゃくれてるのは気のせい・・じゃないよね・・(--)


このぶんじゃ灯ともう飲みに行ったりできないよね〜。
これで出番が減ったらイヤだなあ。
来週は「顔を歪ませる」片瀬も見れそうなので楽しみだけど
ドラマはそろそろラストスパート!

服役を終えて出てきた富田を絡めて、これから工藤と杉崎の過去も見えてくるんでしょうね。
これって、加害者弁護をしてた杉崎が
今のバリスタみたいな「事実でないことを言わせて加害者を正当化させる」ことをして、
でも結局富田は再犯しちゃったってことかな??
なんで工藤がバリバリのキャリアになって、
杉崎がやる気をどこかに置いてきちゃってるのか
その辺まで分かるといいなあと思いました。

しかしこのふたりが元恋人って・・濃すぎる・・。

***

拍手だけでなく一言メッセージも送っていただけますハート

ぱちぱち
スポンサーサイト
ホカベン・・・毎回見るたびに、どよ〜んとしていろいろと考えさせられますね。。。

でも、きっと原作者は今の日本社会の矛盾点を世間に訴えたかったんじゃないかな???
と思ったりもしてます。。。


ところで・・・今日の『メン愛』・・・っていうか、最近の『メン愛』・・・
『メンバー愛』というよりは、かなりの『シゲ愛』ですよね〜。
あんなスタイルで謝ったとか・・・ばかっぷる丸出しですね〜!(笑)
あーちゃん | 2008/05/26 18:16
>あーちゃん
どうもです☆
ホカベン、どよ〜んとしますねー。
でも意外や意外、週で一番楽しみなのがこのドラマかも知れないです。
なんか、灯がどんなに頑張ってもなんともならないところが凄く不思議ですね。
ここまで主人公が報われないドラマって、これまで見たことないですもん。
最後どうなるのか気になります〜。
メン愛もしげ猫も、ひどいっす。ファンを置いてけぼりにして(><)笑
慶ちゃん行きつけのおそば屋さん行きたいな〜
信州人なのでおそばにはうるさいですよー!笑
レス@Rei→あーちゃん | 2008/05/27 20:26
COMMENT









Trackback URL
http://delightedly.jugem.jp/trackback/545
TRACKBACK