毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 道のはじまり | main | お礼 >>
美しきラビットパンチ

rabbit_s.jpg

こやまちわ。

「LIVE!LIVE!LIVE!」東京ドーム初日の9月25日、
会場へ行く前におしゃれタウン下北沢に立ち寄って
0号室の客の演出(ドラマ版の監督さん)の松居さんが手がける劇団「ゴジゲン」の
「美しきラビットパンチ」という舞台を観てきました。
我ながらなんてSTK気質…w


自己否定と自己肯定を繰り返しながら色々な感情をごまかしながら
それでも誰かと一緒に笑っていたくて、
ヘラヘラとてけとーに生きることに命をかけていた自分の高校時代を
痛いほど思い出させるようなストーリーでした。


舞台を見た誰もが自分の青春時代を重ねたり、思い出したりしたんじゃないかなあ。
もちろん青春まっさかりで、舞台が好きで、下北沢に通ってますというようなお若い方も
たくさんいらっしゃったけども。


ゴジゲンの舞台を見たのは初めてだったし一回見て全部理解したつもりはないけど
松居さんのゴジゲンにおける創作意欲ってやっぱコンプレックスとか青春の苦味とか
そういうところが出発点なんだろうなあと思いました。


じゃあそれをグローブ座ましてやジャニーズの舞台で出してくるのかどうかというと
私にはまったく想像もつきませんw


松居さんがどういう人なのか知りたくて、
0号室に松居さんの何がどう反映されるのかが想像したくて舞台を観に行ったのに
逆によく分からなくなったパターン…


松居色を0号室に重ねると、
しげしげがキングに「あんたって童貞なの!?アッハッハッハーーー」とか
超バカにされるシーンとかは、めっちゃ想像つきます^^;


でも、しげしげはちょっとマザコン気味だけど基本優等生だし
高校卒業まではなかなかイケだったような気もするから童貞ではないかなw


つーかまさか自分のブログから童貞とかいう言葉が飛び出すとはね。
ティーンズの方見てたらゴメンねw


そう
まさにそういうことなのかも


気にはなっていてもなかなか取れない、喉につかえた魚の骨
触れることを意識的に避けてきた胸の痛み


松居さんは、そういうものを思い出させて、
触れる機会をつくってくれる人なのかも知れません。


0号室の客の開幕が楽しみです。



***



ジャニもすっかり画像解禁なのかねー?
*0号室の客 公式サイト http://www.0-room.jp/


舞台観に行ったときすでにチラシ配ってました。
大きめの劇場に行けばもう配布が始まっていると思います。
*チラシ表 http://twitpic.com/2rtsxw/full
*チラシ裏 http://twitpic.com/2rtt8r/full

 

スポンサーサイト