毎日が慶びで溢れていますように
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

FAMILY

〜ひとつになること〜
の話ではありませんw

やだーこっちはすっかりごぶさたになっちゃったけど生きてます^^;


まずはテゴマス新シングル発売決定おめでとー!ワーイ!
しかし「青いベンチ」と聞いても何もピンとこなかったわたし・・・
2004年は盛大に洋楽スキーでした。
NEWS好きになるまで、テレビも大してつけないような生活してたから
仕方ないわな。


んで「青いベンチ」聴いてきました
もう何のアレンジしなくてもテゴマスにぴーったり嵌りそうだね♪
これを布石に、ぜひカバーアルバムの発売までこぎつけて欲しいですw
twitterで「テゴマスのかば」(カバー)発売希望って書いてるひとがいて
いやーうまいなとw
次のツアーの乗り物の形は決まったねっ!



1月5日は仕事初めというゆるやかさと定時退社日なのをいいことに
サーッと仕事を切り上げて、約3ヶ月ぶりにえぶりぃをリアルタイムでチェック。


お正月らしく、鮮やかな赤いネクタイが決まっててかっこいいー☆
水曜日に移動して、慶ちゃんにもまた新たにスタート!っていう気持ちが
あったんじゃないかなーと思います。


番組最後には藤井さん「けーちゃんはまた来週♪」だってw
ねえそのノリでいいの?って思ったけど^^;
藤井さんは慶ちゃんをアイドル扱いしてああいう風に言ってるわけじゃないからね。
慶ちゃんの人間性がそうさせてるんだろうなって思ったら
すっかりFamilyなんだなーあったかいなーって感じた。
キャスターブログの爪切りエピソードもかわいくって好きです。
確かに慶ちゃんの爪が伸びているのって見たことがない。


3誌と女性セブンもざざざとチェック。
昨年末の振り返りや今年の抱負的なとこを読むと
やっぱりえぶりぃが慶ちゃんに与える影響はすごく大きいんだなってわかるね。


特に女性セブンのインタビューは短いながらも読み応えがあった!
なんと取材用に名刺を用意したのだそーで
そ、それ1枚わたしにいただけませんか・・・><


えぶりぃに関する部分はキャスター小山全開なのに
右ページの見出しが「明石家さんまサン、チョー尊敬ッスよ。」
でわらったwwwwちゃれえwww


ただ結婚ネタは、小山担として、
「いつか結婚したい」はOKだけど
「結婚します」はまだまだ超NGッスよね。。。



ところで4月から丸岡さんがDONの後番組に移動になるみたいだけど
来期えぶりぃの布陣はどうなるのかなあ。
去年のレギュラー発表が3月13日だったのでその頃はドキドキだねw
ただテッパンノートの時とは違ってすごく手応えがあるので
まだまだ慶ちゃんには、ここでお仕事続けて欲しいと切に願っております>人<

news every. [20]

こやまちわ。


本日のえぶりぃ、珍しく全編リアルタイムで見ていたので早速アップ☆
今日も慶ちゃんはイケであった・・・
この髪の長さにしてから、絶対に頭のてっぺんの部分を
とさかみたいにちょんちょんて立てるよね^^


やっぱり・・・これはコンのグッズ期待できるかもっ!♪



<2010年7月15日放送分>


■「ガンバラナイ」 トラベルサポーター 旅を支える人たち


障害者でも楽しく海外旅行ができる。
5月に鎌田先生主催で行われた「ドリームフェスティバルinグアム2010」
なんと6年も続いているとか。


そこに帯同したのがトラベルサポーターというボランティア6名。
彼らの活動にはヘルパー2級以上の資格が必要で
旅先で障害者の全般的な介護をサポート、
さらに自らの旅行代金の1部を負担してるそうです。


障害者本人をサポートしている間、
一緒に来ている家族には別行動で旅行を楽しんでもらうことも。
毎日介護生活をしている家族に
つかの間でものんびりとした時間を過ごしてもらう
それもトラベルサポーターにとっては喜びだと彼らは言います。


ドリームフェスティバルinグアムで訪れた「恋人岬」
美しい景色を見るためには長い階段を上らなければいけません。
車椅子で参加した今井さんは上まで行って景色を見るか尋ねられて
「行かれるなら」と答えていました。


「行きたい」じゃなくて「行かれるなら」。
障害者本人にも、ボランティアに対しては、家族に対してとは違った
申し訳なさのような感情を持っているんですかねー。


だからこそ、ボランティアの人たちは「上まで行く?」と
きちんと本人に聞いてあげるのでしょうね。^^


今井さんのお母さんも
「この人(息子)に見せたいものを見せることができた」と言っていました。
トラベルサポーターがサポートしてるのは
介護が必要な本人だけではなくて、家族の気持ちも、なのかも知れません。



■「気になる!」 スカイツリーの楽しみ方 路地裏の職人


東京スカイツリー建設で今や一大観光スポットになっている東京都墨田区。
今日も今日とて白ポロ黒パンのさわやか慶一郎がロケにやってまいりましたよ^^
そして舞妓さんとすれ違いましたw
墨田区って舞妓さんがいるような地域なのですね。土地感ゼロ・・・。
スカイツリーを見上げて大興奮の慶ちゃん^^


観光地ならではの、スカイツリーの関連商品が次々発売される中
墨田区には昔から受け継がれる伝統的な製品もとっても多いんだとか。
飾りかんざしや、江戸切子、そして江戸木箸など。


江戸木箸を長年作り続けているたけださんは
墨田区を単なる観光地として捉えられたくないと言います。
自分たちが守り続けている伝統もあるんだよということを、
スカイツリーでそこに足を運んだ人にも知ってもらいたいと。


通常4画のお箸だけど、江戸木箸は5画とか7画、奇数面なんだって。
時代にあわせてものも進化していくべきということで
スカイツリーの高さ634mにちなんで
持つ側から6面〜3面〜4面に変化するお箸を考案しているとのことでした。


慶ちゃんが手に持って紹介してたんだけど
指先がきれいすぎてそっちばっかりまじまじと見てしまったw
こんなファンでごめんよ^^;


 

【お知らせ】news every. カテゴリ整理しました

平日の夜はどうしても忙しくて、なかなか下書きから本番公開までたどり着かなくて
後回しにしていたeveryの記事を整理しました。


まだ未見のものもたくさんあってまとめきれてはいないんですが
とにかく今慶ちゃんが一番まっすぐに向き合っているお仕事だと思うので、
私も感じたことをきちんと残したい。と思っています。


記事として読んでもらえるレベルで追記したのは
<2010年6月16日放送分>
<2010年7月8日放送分>
<2010年7月15日放送分>
あたり。


カテゴリのnews every.から見ていただくのが一番手っとり早いかと。

自己満記事でもあるのでw興味のある方だけ見てもらえればいいんだけど、
こや担さんには6/16のやつだけでも見て欲しいですw



 

news every. [16]

こやまちわ。


先週の慶ちゃんは前髪ちょんちょんで不思議なヘアースタイルだったのに
今週はすっかりなじんでめちゃ山イケ一郎だったw
慶ちゃんて髪伸びるの早いよねぇ?



<2010年7月15日放送分>


■「ガンバラナイ」 医療ツーリズムとは


今年から旅行会社が運営を始めた医療ツーリズム。
日本で病気の治療を希望する海外の方に、
観光をパッケージして売り出すサービスだそうです。


日本の病院はきれいだし設備も整っている。
高度な医療が都会に限らず地方などでも受けられるのに、
ここまで日本での外国人患者の受け入れは年間数百人〜千人ほど。
それはやはり言葉の壁が大きいそう。


海外の方に安心して日本の医療を受けてもらうのはもちろん、
税金や医療保険の全くかからない外人に日本で医療を受けてもらうことで
外貨を落としてもらう、という意図もあるようです。



■「気になる!」 母国から逃れた難民ネイリスト


難民とは…国の政治的混乱により、他国に逃れてきた人のこと。
東京は港区の、難民が日本で働くために作られたネイルサロンで働く
ナン・シー・フォンさんもそのひとり。
彼女の母国ミャンマーは年間約43万人の難民を生んでいるそうです。


ナンさんのおうちでミャンマー料理をごちそうしてもらう慶ちゃんw
慶「かっら!」
そんな慶ちゃんの様子に、ナンさんも和んでいる様子。


なぜ難民になってしまったのか?という問いには
父親が軍事政権に殺された。と、淡々と語る。
慶ちゃんはそれを、ん、ん、と言葉少なに聞いていました。
母国の料理を作ってさっきまで笑っていた人の過去を
慶ちゃんはどういう気持ちで受け止めたのかなあ。


ネイルサロンでは爪のお手入れもしてもらっていました。
慶「ツヤツヤですよ!」
興奮する慶ちゃんに、
ナンさん「いい女も近付いてくるんじゃないですか」


あまりに直接的な言葉に、ええー、いい女?なんて笑っていた慶ちゃんだけど。
それはナンさんが日本で生きるために苦労して覚えた営業用の言葉だと思うと
ちょっと心が痛くなるよね。


ナンさんの夢は、ミャンマーが民主化されていい国になって欲しいということ。
ネイルサロンを開いてそして家族と暮らしたい、ということでした。


日本ではまだまだ難民に対する偏見があるけど
自立しようとする彼女たちを、私たち日本人ももっと優しくなれたらいいなとは
鎌田さんの言葉です。



その後メン愛で慶ちゃんが「モ手」について書いていたけど
私的モ手はまっすーですwごめんねけいちゃんw



 

news every. [15]

<2010年7月8日放送分>


■「ガンバラナイ」


■「気になる!」 豆腐の引き売り 巧みな話術で売上アップ


紫色のポロシャツとブラックジーンズ?
いつもに比べてかなりラフで、でも爽やかですっごいかっこよかった。
あと風に靡いておでこ全開になっててめちゃかわでした。
走魂では見せ放題だったあのまるっとしたおでこが最近あまり見られないので
たまに出ているとギュンとするれいさんです(*--)
それからエプロン慶一郎でした。あざっす。
さすが食べ物屋の息子、エプロン似合うよねえw


川崎の豆腐の引き売りに密着。
密着したたけださんはとってもお若いのに、すっかりこの引き売りの顔的存在のよう。
まるでホストのような口の滑らかさでおばちゃんやお姉さんに豆腐を売っていましたw
お客さんを友達と思えば向こうも友達と思ってくれる、が持論らしい。
いるよねこういう人w


リヤカーの重さはおよそ70kg、1日約20kmの距離を引いてまわる。
慶ちゃんもリヤカー引かせてもらっていました。
慶「これはすごい肉体労働だあああ」
た「ラッパ吹いて!」
慶「プオオオーーー」
慶ちゃんが引いていたら行くべきところまで行けないそうですぐに交代。
ドンマイ慶ちゃんw


けいちゃんはたけださんをみて勉強になりましたと言っていました。
慶「うまーく(お客さんを)持ち上げるんですよねー」
アイドルにも必要なテクかもしんないですね。
てか慶ちゃんも結構たけださんタイプだと思うんですけどw


 

news every. [14]

<2010年7月1日放送分>


この日はちょうどサッカー日本代表が帰国ということで
気になる!が無かったんだよね。
ネカフェで待機していた自分乙(;´Д`)なんだけども、
サッカー関連でかなり話を振ってもらっていたような。


特に、代表にどういうことが聞きたいか?って問われて
ベンチの人の話も聞いてみたいって言っていたのが印象的でした。


■「ガンバラナイ」

選挙前でガンバラナイも流れなかった長野ローカル…せつない・・・


news every. [13]

ま…また県政のもろもろでガンバラナイ消失しておった_| ̄|○ひどいお
これから選挙までこんなのが続くのかなあ。
最近はついったも追えてないのでテーマすらわからないわ。


まあ、仕方ない。所詮ここは地方なのである。(現実)
のちのち追記の方向で><
16日放送分も後からシレッとあげておきます。


< 2010年6月24日放送分 >



■「ガンバラナイ」


■「気になる!」 親父の野菜はいかが?都会で暮らす農家のセガレ


19-20日テゴマスとともにw長野入りしていたのはこのロケですね。
四国もスケジュールかぶってたよねー。


ご実家が農業を営まれている東京住みの若者たちが
「実家の野菜を東京の人にも食べてもらいたい」と思って結成された「セガレ」。
朝どりの野菜を東京は自由が丘にて毎月第3日曜日に販売しているそうです。


朝6時半からアスパラガス収穫のお手伝いをする慶ちゃん。
グレーのポロシャツが爽やかだわあああ。
長野らしい元気なおばちゃんに教えてもらってさっくり収穫!
「うわああ気持ちいい!」


普段は宅急便で東京に送っているそうですが
今回は慶ちゃんが運び屋wをまかされました。


お父さんいわく、
「東京の人に食べてもらえるのは嬉しい」
「息子に恥をかかせないようなおいしいものを届けたい」
愛情も一緒に詰めて、東京に送ってるんですねえ。


慶「(実家に戻ってきて)農業を継いで欲しいと思っていますか?」
父「継いでほしいというか、家を守って欲しいです」


そしてお昼には東京自由が丘にとんぼ返りして販売のお手伝い。
「アスパラいかがですかー?」@いい声w
私が自由が丘のセレブ主婦だったら
( れ∀い) { それ、全部頂戴 と言ってしまいそうだわw


セガレくんも「親の作った野菜が売れるのは嬉しい」。
いつでも帰れる場所を「守って」くれているのはありがたいと。


離れていても、お互いに「守りあって」生きているんだなーと
ちょっと目頭が熱くなった私でした。



■その他の部分


この日はデンマーク戦放送日だったんだよね。
18時ちょい前に大きい慶ちゃん(※)コメント捕獲できてた♪
(※地方放送時間にコメントしてくれたの意)
明日は寝不足だとおもいますーってニコニコして言う慶ちゃん。
ちょっと髪色戻ってきたかな?



 

news every. [12]

<2010年6月16日放送分>


濃紺のスーツに赤い斜めのラインが入ったネクタイ、
全体の印象がやけにきりっとしています。
随分キャスターらしくなってきたというか、こなれてきたなーって感じがした回でした。



■「ガンバラナイ」 ガンバラナイ健康法 若々しく健康を維持する


血管の健康こそが身体の健康だと鎌田先生は言います。
アンチエイジング。なんて身近になってきた言葉かしらw


血管の健康に必要なのが「抗酸化力」と「ガンバラナイ運動」
抗酸化力は色のついた野菜を食べることで補えるそう。
お酒なら赤ワインをチョイスするといいとか。
ガンバラナイ運動は、いつでもどこでも短時間でできるスクワットをやるといいよということで
スタジオでスクワットを実践するえぶりぃキャスター陣。
藤井さんと丸岡さんが相当つらそうで慶ちゃんも笑っちゃってた。
陣内さんはさすが体が軽そうだったなあ。


慶ちゃんも一緒に並んでやってたんだけど、足が枝のようでしたw


コーナー終わりで「みなさん(スクワット)続けてください!」とふざける慶ちゃんに
笑っちゃうキャスター陣。
愛され慶一郎本領発揮ですね。



■「気になる!」 盛り上がる「葉っぱビジネス」


この日も例にもれずネカフェでw視聴していたんだけど、
ネットワークめちゃ悪で、気になる!はほとんど音でしか認識できなかったという。
すみませんが番組内容は後追いで。



慶ちゃんが徳島に入った夜、
ちょうどテゴマスも香川コンで四国上陸していたせいか
わりと早い段階で慶ちゃん目情がついったで流れたんだよね。
四国在住のお友達は眠れない夜を過ごしていたようですwいいなあ。


その彼女から、「葉っぱビジネス」の会社のお姉さん
(気になる!でもばっちり映っていた方)のブログを教えてもらっていました。


すごい今さらになってしまったけど、
こやま担でまだ読んでいない方は絶対読んだ方がいいです><
ブログからあふれる慶ちゃんの優しさ そしてチャラさにw卒倒間違いないよwww


http://ameblo.jp/rikkaiai/entry-10561670568.html (その1)
http://ameblo.jp/rikkaiai/entry-10562701391.html (その2)



 

news every. [11]

< 2010年6月9日放送分 >


慶ちゃんが赤いネクタイを選ぶ日は
いつも以上に気合が入っている日?^^
取材とか入ってたのかなあ。
それとも誰か、大事な人が、「番組見るよ」って言ってくれたとか。
そういう時、きっと慶ちゃんは、大好きな色を選ぶと思うんだよねー。


だがしかーし私は今週もやってしまった。
いや厳密に言うとやってしまったのは私ではなくHDDレコちゃんなんだけど。クッソー(汚)
番組表がバグって「news every. 20時〜検索中」とかなってて
ローカル部分録画できてなかったんだよねー。
からあげ弁当もぐもぐとか、えぶりぃメンバーに可愛がられているシーンが流れたみたいで
楽しみに帰ってきたのにじゃんねんでした。


■「ガンバラナイ」 菅内閣に求めること


医療と介護、少子化問題、そして雇用を守る政策が必要。
慶ちゃんも「身近な問題が多いですね」と言っていたね。
そうそう、どこどこのダムやら道路を作る作らないとか、
とりあえずお金わたすからこれでなんとかしたらいーんじゃん?じゃなくてね。


鎌田せんせい曰く、社会保障問題を所信表明に盛り込むのは
管さんが始めてなんじゃないかと。そうなんだー。


コーナー後半で紹介された下条村は、県内ではわりと有名な土地です。
道路自分で作るって話してたけど、
そうするためには地域の人助け合わないとできないから、
横のつながりがとっても強いんだって聞いたことがあります。

普段ニュースっていうと朝のWSくらいしか見れないので、
こういうタイムリーな話題は身になって助かるわ。



■「気になる!」 合格者は3人のみ 外国から来た看護師


フィリピン人のエヴァさんは、超難問の国家試験に合格して
足利赤十字病院の救急救命センターで働いている。


救急センターということもあって、すぐに日本語を理解できないと命に関わるため
病院側も日本語の会話を中心に教える時間を作ったりとバックアップ。
それから、前にもガンバラナイのコーナーでちょっと触れてたけど
外人さんにとってやっぱり漢字を覚えるっていうのがすごく大変みたいで、
今でも毎晩漢字の書き取りとか、ビジネス用語の勉強をしているそうです。


慶ちゃんよりも漢字を読めるし書けるエヴァさん…><笑


彼女が身を粉にして働く理由は、
フィリピンに残してきた2人の息子。
守るものがあると人は強くなれるんだよね…


そういう思いで働いている人がいることを
日本全体でちゃんと理解して、サポートすることが大事だと鎌田先生。
そうじゃなきゃとてもじゃないし続かないし
この制度だって消えてしまうよね。

news every. [10]

<2010年6月3日放送分>

てごます代々木参戦のため未見です><

■「ガンバラナイ」

■「気になる!」